WUFI® Passive 3.0

WUFI® Passive 3.0

WUFI®Passiveは、使いやすいパッシブビルディングエネルギーモデリングソフトウェアツールです。

Fraunhofer IBPはPHIUSとオーウェンス・コーニング社と協力して、PHIUSデータとノウハウを使ってWUFI Passiveを開発し、北米の様々な気候帯に適したツールを製作しました。

WUFI Passiveは、パッシブハウスコンサルタント(CPHC®)の設計プロセスの品質と効率を劇的に改善します。2013年以来、PHIUS CPHCトレーニングには、WUFI Passiveに関するクラス内の指導が含まれています。PHIUSはWUFIパッシブトレーニングも提供しています(サイドバーを参照)。

WUFI Passive 3.0には、Climate-Specific PHIUS + 2015 Passive Building Standardが含まれています。

  •  WUFI Passive 3.0のリリースで、無償で無料版が提供されます: WUFI Passive Freeは、PHIUS + プログラムを通じてプロジェクトをモデル化し、認証するために必要なすべての機能を備えています。
  •  Fraunhofer Web ShopからWUFI Passive Freeをダウンロードするには、次の手順に従ってください(最初にWeb ショップで無料のユーザーアカウントを登録する必要があります)
  • WUFI Passive Freeには、ユーザー定義のデータベースエントリー、結果のエクスポート機能、材料の熱水分析などソフトウェアの有料バージョンの特定の高度な機能は含まれていません。WUFI Passiveのフルバージョンのライセンスは、Web Shopから購入できます。

WUFIパッシブはパッシブビルディングエネルギーモデリングとWUFIの有名な湿度解析機能を組み合わせたもので、湿気の問題を予防し、冷却/除湿条件を最適化するために不可欠です。

  • スタティックモデリングとダイナミックモデリングを切り替える機能を提供します。これは、商用プロジェクト、使用パターンが大幅に変化する場所、変動の多い気候など、多くのシナリオにとって重要です。
  • 面倒な回避策なしで、メトリックからインチポンドの単位にシームレスに切り替えます。
  • Google SketchUp と互換性のあり、使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスを採用しています。
  • クライアントと通信するための高品質のレポートとグラフィック結果出力を迅速に生成する機能を提供します。

バージョン3.0 の新機能:

  • PHIUS + 2015 気候特化基準
  • 照明とプラグの負荷計算の入力
  • 高度な形状のインポートオプション
  • 排気装置の計算

湿気熱のシミュレーションと新機能:

  • 区間気流モデル
  • 3D熱橋計算
  • 並列化によるシミュレーション性能の向上

WUFI®パッシブソフトウェアは、Fraunhofer Web Shopからオンラインで直接注文することができます。

  • WUFI Passive Freeをダウンロードするには、以下の手順に従ってください。ご注意:Weショップで無料のユーザーアカウントを登録する必要があります。
  • WUFI Passive 3.0のフル機能版のライセンスもWeb Shopから購入できます。 WUFI Passiveライセンスは、1年間、3年間、または10年間で利用可能で、ライセンス期間中の自動更新が含まれます。PHIUS CPHCトレーニングとWUFI Passiveトレーニングの参加者は、WUFI Passiveを使用するための無料の8週間のライセンスを受け取ります。

WUFI Passive Training

PHIUSは、エネルギーモデリングやFraunhoferから入手可能な他のWUFI製品を確かなものにしているCPHCやその他の専門家向けに、WUFI®Passiveワークショップを開催しています。詳細については、WUFI Passiveトレーニングのページをご覧ください。