NPO法人 PHIJP | パッシブビルディングの歴史
15215
page-template-default,page,page-id-15215,ajax_fade,page_not_loaded,,hide_top_bar_on_mobile_header,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive

パッシブビルディングの歴史

The History of Passive Building

International Energy Conservation Code (IECC) Climate Regions
国際エネルギー保全コード(IECC)気候地域

数十年前、高断熱、気密外皮、エネルギー回収換気、高性能窓および太陽光発電システムという概念は、OPECの石油禁止に対する反応でした。実際、アメリカ人のノーベル賞受賞者のウィリアム・シャークリフ博士は1980年代にパッシブ・ハウスについて書きました。北米の先駆的なエネルギーの歴史の要約については、カトリン・クリンゲンバーグのパッシブ・ビルディング・ムーブメントの北米におけるブログ記事を参照してください。

米国は、長年にわたって保全への関心が低下しました。その間、ヨーロッパ人はこれらの原則の適用を洗練し、高性能製品の需要を生み出しました。ドイツの物理学者のヴォルフガング・ファイスト博士とスウェーデンの科学者ボ・アダムソン博士は、原理を洗練し、設計技術とパッシブハウスの性能指標の開発に努力しました。最初のパッシブハウスは、ドイツのダルムシュタットに建設されました。ファイスト博士は、ダルムシュタットに本社を置くPassivhaus Institut(PHI)を設立しました。

PHIUSの共同設立者であるカトリン・クリンゲンバーグは母国ドイツで建築を学んだ。カトリン・クリンゲンバーグはファイストの指導のもと、2002年にイリノイ州アーバナに自分のパッシブハウスを建設することで、米国にパッシブハウスの原則を再導入しようと努力しました。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校は、1970年代と1980年代にエネルギー効率の向上に革新をもたらし、「スーパーインシュレーション(超断熱)」という言葉が最初に作りました。それ以降、北米では関心が高まっています。その期間中、PHIUSの「北米パッシブハウス・カンファレンス」は急成長し、世界中のプレゼンターや出展者および出席者を引き出しました。それは、技術的に焦点をあてた北米最大のイベントです。

PHIUSは数年間PHIと協力し、PHIのパッシブハウス設計ソフトウェア「パッシブハウスプランニングパッケージ(PHPP)」のExcelシートを配布しました。PHIUSはそのソフトウェアのインペリアルシステム(インチ・ポンド)版を開発しました。これは米国での採用を大幅に増やしました。また、PHIUSは北米に焦点をあてた研修プログラムを作成し、CPHC(Certified Passive House Consultant)資格制度を創設しました。

PHIUSとPHIUSの熟練した専門家は、パッシブビルディングの概念や基準は、実用的で高い費用対効果と大幅な差異を生み出すために、北米の気候の状況での適応が必要であることを学びました。また、PHIUSは米国エネルギー省(DOE)、米軍などの主要なエネルギーリーダーと提携する必要性を認識し、RESNETやビル・サイエンス・コーポレーション(BSC)、フラウンホーファーIBPなど専門店から主流採用へのパッシブ・ビルディングの原則を成長させるためです。このアプローチは、PHIUSとドイツのPHIとの乖離を起こします。PHIは、世界中のすべての気候区域でPHIの測定基準が適用されるべきだと考えています。また、PHIは政府やRESNETなどの組織と協力することも反対しました。

最終的に、すべての気候区域の性能測定基準が実用的ではないことが明らかになりました。DOEビルディングアメリカの助成金で、PHIUS技術委員会はBSCと協力して、気候特有の費用対効果の高い性能目標を生み出す式を開発しました。2015年3月に気候特有の費用対効果の高いPHIUS + 2015パッシブビルディングスタンダード(北米)をリリースしました。この新しい基準は、優れた快適性や優れた室内空気の質、弾力性を提供するために建物内の二酸化炭素排出量とエネルギー消費を大幅に削減し、達成可能な気候特有の建物エネルギー性能目標をもたらします。