NPO法人 PHIJP | PHIJPとの協定に関するPHIUS公式声明文
16206
post-template-default,single,single-post,postid-16206,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,hide_top_bar_on_mobile_header,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive

PHIJPとの協定に関するPHIUS公式声明文

PHIUS(米国パッシブハウス協会)、PHIJP(日本パッシブハウス協会)と公式に連携
PHIUS OFFICIALLY PARTNERS WITH JAPANESE PASSIVE HOUSE INSTITUTE PHIJP

両パートナーは、日本国内に向けて、コストを最適化し、気候条件に準拠したパッシブ建築を開発することに共同で取り組む。
Together the partners will work on developing cost optimized, climate specific passive building targets for Japan

 

シカゴ、IL--2017年10月19日--米国パッシブハウス協会(PHIUS)は「東京(日本)を拠点として先頃設立された特定非営利活動法人PHIJP(日本パッシブハウス協会)とのパートナーシップ協定に公式に調印した」と木曜日に発表した。
Chicago, IL — October 19, 2017 — The Passive House Institute US (PHIUS) announced Thursday that it officially signed a partnership agreement with the recently founded Passive House Institute Japan (PHIJP) based in Tokyo, Japan.

PHIJP理事を含む6名(PHIJP在米理事2名を加えると計8名)の使節団が出席しシアトルで開催された第12回の北米パッシブハウス年次会議に続いて、協定が調印された。
The agreement was signed following the 12th Annual North American Passive House Conference in Seattle where a delegation of six PHIJP board members were in attendance.

両団体は、北米用のパッシブ建築基準PHIUS+2015と同様のパッシブ建築に関して、経済性を最適化し、気候条件に準拠した設計・建設法を日本国内向けに開発すると共に、PHIUSの公式パッシブハウスコンサルタント (CPHC®) 養成講座と建物認証制度を日本在住の建築士・工事者・建築主に提供するために取り組む。
The two parties will work on developing specific cost and climate optimized design targets for passive buildings similar to the PHIUS+2015 Passive Building Standards for North America as well as making PHIUS Certified Passive House Consultant (CPHC®) training and building certifications available to interested professionals and parties in Japan.

この連携協定は、日本国内で成功した最初の二物件の結果である;2016年に、最初のPHIUS+2015物件が、横浜市(日本)で認証された。
The partnership is a result of two first successful projects in the region: In 2016 the first PHIUS+2015 project was certified in Yokohama, Japan.

第2の物件は、千葉県旭市(日本)で現在工事中である。日本の気候ゾーンは、米国東海岸地域と非常に類似しており、厳寒地域から蒸暑地域までの範囲にある。
A second project is currently under construction in Chiba, Japan. Japan’s climate zones are very similar to the Eastern half of the United States and range from very cold to very hot and humid climate zones.

気候条件に準拠したPHIUSのパッシブ建築基準は、日本気候と密接に関連しており、多様な日本の気候条件へのパッシブ建築の原理と基準の実装を成功に導く支援者として、PHIUSが完全なパートナーを務める。
PHIUS climate specific passive building standards are highly relevant to the climates of Japan, making PHIUS the perfect partner to assist in successful implementation of passive building principles and standards in the varied climates of Japan.

PHIUS事務局長Katrin Klingenbergは「高性能建築を手頃な価格で実現し、効率的で、耐久性に優れたものにするには、複合外皮を気候条件に適するように仕立てることが必要最低条件です。それが最もコスト効率の優れたゼロ(ZEB/ZEH)への道のりです。日本国内にパッシブな潜在的ゼロエネ建築を創るための基準や設計ガイドラインの確立を支援できることに、我々は興奮しています。」と述べた。
“Tailoring envelope assemblies to climate zones is critical to making high performance buildings affordable, effective and durable,” said Katrin Klingenberg, Director of PHIUS, “It is the most cost effective way to zero. We are excited to help creating standards and design guidelines that make passive zero energy ready buildings possible in Japan. ”

PHIUSとPHIJPは既に、公認パッシブハウスコンサルタント(CPHC)養成講座の翻訳、初回の公認パッシブハウスコンサルタント(CPHC)養成講座は、2018年の第1四半期の間に東京で開催されることを目途としている。
PHIUS and PHIJP have already begun work on translating training materials and on generating appropriate climate data. The first professional training is intended to be held in Tokyo during the first quarter of 2018.